アコムの必要書類や収入証明

⇒アコムの公式HPはココ

 

アコムのカードローン申し込みで必要となる書類は何があるのでしょうか?

ここではアコムの申込時に必要となる書類について解説していきたいと思います。

アコムで収入証明書が必要になる条件は?

アコムのカードローンの申し込みには絶対必要となるのが本人確認書類です。

申込者本人かどうかを確認するため本人確認書類は必須となります。

一方で収入証明書はと言いますと、アコムでは実は必ず必要となる書類ではありません。

アコムで収入証明書なしで借りれる時もあれば提出しなければいけない時もあります。

ではどのような時に所得証明書がいらないのでしょうか?

アコムの審査では借入限度額が50万円を超える契約を行う場合と、他者を含めた借入総額が100万円を超える場合に収入証明書の提出が必要となります。

例えば新規でアコムに申し込み、限度額60万円を希望する場合は収入証明書が必要となり、逆に40万円であれば提出は不要ということになります。

また、アコムからの借入が30万円であっても他者から80万円の借り入れをしている場合は合算すると100万円を超えますのでこの場合も収入証明書は提出しなければいけません。

他社借入に住宅ローンや自動車ローン、銀行カードローン、クレジットカードのショッピング枠は含まれません。

ですから銀行カードローンで80万円借りていてアコムで30万円借りる場合は基本的に収入証明書は必要ありません。

収入証明書とは名前の通り、自分の収入を証明するための書類です。

給与所得者であれば勤務先からもらう給与明細、自営業を営んでいる方であれば確定申告書などがこれに該当します。

給与所得者とは正社員の他に契約社員、派遣社員、パート、アルバイトも含まれます。

では、具体的にアコムで利用可能な収入証明書にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

給与所得者の方であれば最新の源泉徴収票、市民税・県民税決定通知書、給与明細、所得証明書などが収入証明書として認められています。

給与明細に住民税の記載がない場合は直近2ヶ月分が必要となり、賞与明細がある場合は併せて提出しなければいけません。

自営業や個人事業主の方は確定申告書もしくは事業計画等の届出書が必要です。

確定申告書が青色申告の場合は確定申告書B第1表・第2表及び所得税青色申告決算書の写し直近1期分が必要です。

白色申告の場合は確定申告書B第1表・第2表及び収支内訳書の写しが必要となります。

アコムでの収入証明書の提出方法は主に5種類あります。

アコムの会員ページよりアップロード、カメラアプリで送信、店頭むじんくんコーナーに持参、FAX、郵送です。

アコムの審査によっては必ず収入証明書が必要な場合も

アコム申込金額が10万円~20万円といったように少額であれば、収入証明書の提出を求められることはほぼ無いと思ってよいです。

ですが40万円~50万円といったようにやや多めの金額になると、アコムでは必ずしも提出不要とはいかない場合もあります。

もしアコムで40万、50万程度の借り入れを考えている場合は収入証明書は準備しておいたほうが良いかもしれませんね。

アコムでは申込金額が50万円を超える場合もしくは他社借入との総額が100万円を超える場合に収入証明書が必要としています。

しかしこの条件に該当しないからといって、アコムでは必ずしも収入証明書が不要になるわけではないということは頭に入れておきましょう。

既にアコム以外の他社で借り入れを行っているとその分返済負担は大きくなりますから、それでも確実に返済できるかどうかを見極まめるためにも少額の借り入れであっても、アコムでは収入証明書の提出を求めることはあります。

アコムで収入証明書の提出を求められ直ぐに提出できなかったからといって、即座にアコムで審査落ちとなるわけではありません。

その場合は、収入証明書を提出してから審査や必要な手続きが行われます。

但し理由もなく収入証明書の提出を拒んでいる場合は審査落ちになりますので注意してください。

また、初回のアコム申し込みで収入証明書が不要だったとしても、ある日突然、アコムから収入証明書の提出を求められることもあります。

この場合は、総量規制に該当する借り入れ、もしくは3年を超えて利用している場合のどちらかが該当すると言ってよいでしょう。

アコムで提出を求められたにも関わらず、無視した場合は利用制限される場合があります。

但し一括請求されるということはなく、今後の返済について特に変更は先ず無いと思ってよいでしょう。

アコムで収入証明書の提出を求められた時は速やかに提出しなければいけません。

そうは言っても収入証明書が手元にないから、すぐには提出できないというケースは決して珍しくありません。

給与明細は毎月発行されるものですから、一番手っ取り早い方法といえるのではないでしょうか?

但し、数カ月分必要な場合もありますので注意してください。

源泉徴収票は毎年年末に配布されるものですから、手元にあれば手間はかかりません。

ただ、給与明細も源泉徴収票も処分してしまうという人は意外と多いです。

この場合、会社に再発行を求めれば発行可能ですが、1日では発行できないという会社も少なくありません。

アコムで当日中にお金を借りたいという場合にはかなり厳しいですよね。

そこでオススメなのが課税証明書です。

市町村の役所の営業時間内であれば、短時間で確実に入手することが出来る書類なのです。

会社勤めの方だけでなく自営業や役員の方でも発行可能です。

給与明細も源泉徴収票も無いという方は役所にて課税証明書を発行すると良いでしょう。

そもそもなんで収入証明は必要なの?

そもそも、なんでアコムでは収入証明書は必要になのでしょうか?

人によってはすぐに収入証明書を用意できない場合もあるでしょうから、提出するのは正直いって面倒でしかありませんよね。

収入証明書の提出は何もアコムに限ったことではありません。

クレジットカードを作るときや住宅ローン、自動車ローンなどを組むときにだって収入証明書は必要となります。

なぜ収入証明書が必要になるのか、それは貸金業法の総量規制によって提出するよう定められているからです。

総量規制では、1つの金融業者から50万円を超える借り入れをする、もしくは他社借入を含めて総額100万円を超える借り入れをする場合に、利用者の収入を確認した上で貸し付けを行なわなければいけないと定められているのです。

そしてこれは初回申込時だけでなく、キャッシングを利用し続けているうちは定期的に確認することが義務付けられているのです。

アコムで初回に収入証明書の提出を求められなかったから今後も提出することはないというわけではないのです。

収入証明書は最低でも3年以内に1度のペースで確認することが金融業者では義務付けられています。

但し、総量規制はアコムなど個人への貸し付けを主に行っている消費者金融に対する規制であり、銀行はこの限りではありません。

銀行は銀行法に則って貸し付けを行いますので、収入証明書の提出条件は異なります。

収入証明書以外のアコムの必要書類は?

アコムの必要書類は収入証明書以外に本人確認書類となります。

アコムでは本人確認書類は運転免許証・パスポートのいずれか1点です。

基本的には運転免許証となりますが、ない場合はパスポートという形になります。

本人確認書類に記載されている住所と現在住んでいる住所が異なる場合は、アコムではに書類を用意する必要があります。

この場合は、公共料金の領収書、例えば電気やガス、水道、固定電話、NHKのいずれかがアコムでは認められています。

アコムでは携帯電話の領収書は不可となりますので気をつけてください。

他には社会保険料の領収書、国税・地方税の領収書、納税証明書などでもアコムでは問題ありません。

どの書類を提出するにしても確認時に領収日付、または発行年月日から半年以内のものでないと、アコムでは認められませんので注意してください。

自営の個人事業主はアコムで収入証明は必須!

アコムでは審査の際、必ず在籍確認を行います。

これはアコム申し込み者が「申告した通りの会社に在籍していること」の事実確認を取るためだけではありません。

その会社に在籍していることに在籍していることが分かれば、おおよその収入を把握することが出来ます。

これによって収入を把握することが出来れば、わざわざ少額の借入でも収入証明書を提出する必要がなくなるのです。

しかし自営業や個人事業主ですと中々そうもいきません。

ですから自営業や個人事業主がアコムで融資を受けたい場合は、申込金額が仮に10万円20万円など少額であっても収入証明書の提出が必要になるケースが殆どです。

自営業の場合、収入証明書は確定申告書となります。

きちんと申告されている分には問題ありませんが、まだ申告していないという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような場合はアコムでの融資を諦めるしか無いと思っている方も多いですが、そんな事はありません。

確定申告は毎年決められた期間に行なうイメージがありますが、実は何時でも発行することが出来ます。

税務署に行き確定申告し受付印押してもらえば収入証明書として使用できます。

税務署に行く時間がないという場合は国税庁のホームページから電子申告も可能です。

このように、アコムでは自営業の個人事業主は収入証明書が必要になるので用意しておきましょう。

即日でお金を借りる場合にも収入証明は必ず必要ですよ。